居住者と非居住者

日本の所得税法では、個人の税金について「居住者」と「非居住者」で取扱いを区別しています。

「居住者」と「非居住者」の違いについては、「居住者」とは国内に住所を有する者をいい、「非居住者」とは居住者以外の個人、つまり国内に住所を有しない者をいいます。

また、1年以上国外に居住する予定の人も「非居住者」とされます。

なお、「居住者」から「非居住者」に切り替わるタイミングは出国日が基準となります。

例えば、Aさんが海外勤務となり、その勤務期間が1年以上の予定である場合、Aさんは日本の所得税法上、出国する日までは「居住者」、出国日の翌日からは「非居住者」となります。

 

 

※本文は一般的な情報を簡略化して掲載しており、専門サービスを提供しているわけではありません。ご覧になっている方の個別の事例については、適切な資格を有する専門家にご相談ください。